院長紹介

皆様、こんにちは。院長の矢ヶ崎晶子です。

このたび、甲斐市西八幡にて「矢ヶ崎皮フ科」を開院させて頂くことになりました。

開院前は、主に山梨大学附属病院皮膚科に勤務しておりました。

診療・研究・教育に携わりながら、一般皮膚科診療のほか、レーザー外来(血管腫などの赤あざ)・色素外来(白斑、シミ、茶・青あざなど皮膚の色に関する疾患)の専門外来を担当してきました。

これらの経験を生かし、当院においても一般皮膚科診療はもちろんのこと、シミやあざに対応するレーザー機器を導入し、自費診療も含めた美容的な治療も合わせ、皆様の皮膚疾患を改善するお力になれるよう努力いたします。皮膚に関わることは何でもご相談ください。

また、当院はメディカルタウン内にあり、他科との連携も取りやすい環境にあります。

大学病院や県立中央病院とも連携を取り、皆様の皮膚疾患治療において最善を尽くせるようにします。

略歴

所属学会

資格・認定医

  • 山梨医科大学医学部 卒業
  • 山梨医科大学皮膚科 研修医
  • 山梨大学皮膚科 医員
  • 山梨大学皮膚科 助教
  • 加納岩総合病院皮膚科(非常勤)
  • 医師・医学博士
  • 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

理念・方針

皮膚に関することならここへ、と地域の人々に信頼されるような医院を目指します。